nowhere cafeの鶏肉ベーグル
a0006507_0481854.jpg  学校に来る機会も減ってきたので、これを食べることももうないかも・・・と思い会議中心のカフェに行き鸡肉贝果(チキンベーグル)をテイクアウトしてきた。この具は北京独特のものだろうか。ボイルしたチキンをかなり細かい賽の目にして、同じく賽の目に切った人参、セロリなどの野菜とマヨネーズで和えたものが挟んである。香菜が入っているところが中華風かな。この香菜がアクセントになっていておいしい。香菜嫌いの友だちでさえ「これは香菜が入っているから美味しいのだ」と言うくらい。ベーグルは何種類かあるようで、私はプレーン(「プレーン」って中国語でなんて言うの?と思っていたら「普通的・pu tong de」だって)しか食べたことがないが、ほんのり甘くてもっちりしていてこれがまた具とマッチしている。野菜入りにすることもできるけど、野菜を入れなくても十分美味しい。値段は10元。
  昨日は語法(文法)、今日は閲読のテストだった。閲読はめざせ満点と思っていたが、意外に手こずったのでちょっと無理そう。明日は苦手なヒヤリングで、明後日はさらに苦手な口語のテストだ。本科生は今日が卒業式で、朝から黒いマントを来て角帽をかぶり花束を持った学生がたくさんいた。
[PR]
by tabisuru | 2005-06-29 00:58 | 食べる
<< HSK対策本 帰国を決めた理由 >>