<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
胡同のこと・・・「最も~な胡同」
  「胡同」という言葉を知ったのがいつだったか、胡同を初めて歩いたのがいつだったか定かではないけれど、気がついたら胡同が好きになっていた。前回北京に行った時に「人文北京」という本を買ってきたのだが、その中で15の胡同が紹介されている。中国語で書かれた本なのでスラスラとは読めないが、たどたどしくいくつかを読んだら猛烈に後悔の念が湧いて来た。留学していた時にもっとあちこち見ておくのだった!と。今さら遅いが・・・。
  そこで今度行く時のための自分の覚えとして胡同について書き留めておくことにした。胡同見物したいけれどどこに行ったらいいかわからない方にもひょっとしたら参考になったら嬉しい。

  まず、学校のテキストに載っていた「北京的胡同」という文章から一部抜粋。(かなり適当な訳ですがご容赦下さい。原文も載せておきます。)
  「胡同」という言葉は中国古代元の時代から北京で使われている。言語学者の研究により「胡同」はモンゴル語で「井戸」を表す言葉が元になっていることがわかった。かつて北京は水不足でひとつの井戸を取り囲むように多くの人が暮らしていた。人々は家を建てるときに道となる部分を残しておいたので、住む人が増えるに従って道路は長くなり、胡同はこのようにゆっくりと形成された。
  胡同は北京特有の路地で、主に紫禁城を取り囲んでいる。北京にはいったい何本の胡同があるのだろう?統計によれば1994年には3200本余りの胡同があった。50年余りで北京は大きな変化が起きた。特にこの20年余りで高層ビルが増えるにつれて、胡同は少なくなっている。現在北京で胡同と呼ばれている路地はわずかに990本であり、この数字は今も尚減少している。
 
"胡同"这个词从中国古代元朝开始就在北京使用了。语言学家研究发现,汉语"胡同"一词是吸收了蒙古语"水井"的发音而来的。古时候北京缺水, 围绕着一口水井住着好多人家。
人们在盖房时会留出道路,住的人越多,道路就越长,胡同就这样慢慢形成了。
胡同是北京特有的城市小巷,主要围绕在紫禁城周围。北京到底有多少条胡同?据统计,1994 年北京有 3200 多条。50 多年来,北京发生了巨大的变化,特别是近 20 多年来,北京的高楼大厦越盖越多,随之而来的是胡同越来越少。目前,在北京被叫做胡同的街巷只有 990 条了,而且这个数字还在减少。

  この教科書が作られたのが2000年だから、2006年の今さらに胡同は減っているのだろう。
  胡同の語言がモンゴル語の「井戸」から来ているとテキストには書いてあるのだが、他にも諸説あって、ひとつは元朝時代のモンゴル語で「都市と町」を意味する「浩特」という言葉から来ている。「浩特」が徐々に「火弄(huo nong)」、「弄通(nong tong)」となり、さらに変化して現在の「胡同」と「弄堂(long tang:上海などで使われる 小路・横丁の意味)」になったと言う説や元朝の政治スローガン「胡人大統」を略したも「胡人大同」が由来になっている説などがある。

■最も~~な胡同
最も長い胡同 东交民巷
最も短い胡同 一尺大街
最も広い胡同 灵境胡同
最も曲がっている胡同 九湾胡同
最も狭い胡同 小喇叭胡同
最も古い胡同 砖塔胡同

*参考書籍&サイト
「人民北京」邱阳著 中国旅遊出版社
「漢語閲読教程」北京語言大学出版社
維基百科(ウィキペディア 中国版)
[PR]
by tabisuru | 2006-04-16 22:09 | 胡同
鼓楼へ急げ!

  友人Mと一緒に行った北京5日間。大好きな後海周辺を散策した。まず向かったのが鼓楼だ。以前にも紹介したことがあるが、周りには胡同、四合院が広がり、楼の上から眺めることが出来る。この日はあいにく霞んでいて見晴らしが悪かったが、それもまた北京らしい。
  鼓楼、鐘楼は東城区の地安門外大街にあり、北京中軸線の北の端に位置する。北京中軸線は南は永安門から始まり前門、天安門、午門、故宮、景山公園、後門橋、鼓楼、鐘楼までまっすぐに続く北京の中心線のようなものである。普通は鼓楼と鐘楼は東西に並んで配されるものだが、北京の鼓鐘楼は中軸線上にあるため南北に並んでいる(鐘楼が北側)。左の写真は鼓楼から鐘楼を望む。
  鼓楼の上からの眺めを楽しむには恐ろしいほど急な69段の階段を登らなくてはならない。これは普通の人でも「えっ!」と絶句するような階段で、高所恐怖症の人は下りのこと考えたら登れないかも。上には時を知らせるために使っていた大きな太鼓がずらりと並んでいる。時間を合わせて行けば、太鼓の実演を見学出来る。
  去年の2月に行った時と明らかに違っていたのは、地安門大街の方(南側)を見下ろすと、向かって左側の一角の四合院が右の写真のようにごっそり取り壊されて更地になっていたこと。ここには右の写真と同じようにいくつかの商店と灰色の屋根がひしめいていたはずなのだが。実は前夜ホテルでNHKワールドプレミアムを見ていたら「世界ふれあい街歩き」と言う番組で偶然、後海(ホウハイ)界隈のことを放送していた。その中で、人力車の運転手が後海の付近に住んでいるのだが、「ここらへん(鼓楼と後海の中間にあたる場所)は取り壊されて緑地公園になるんだ。残念だ。」と話していた。確かに鼓楼の近くにも外壁に取り壊しが決定したことを表す「拆」と書かれた建物があった。実際に住んでいる人にとっては便利な住居とは言えないし、観光客の立場でどうこう言えるものでもないけれど、このままの景色のほうが好きだなあ。オリンピックまでにあちこちの開発がどんどん進むだろう、昔ながらの北京が見たいならのんびりしていられない。急げ!

北京鼓鐘楼・三維全景360度環境照片
鼓楼、鐘楼からの360度の眺めを体験できるサイト。「鼓楼南望地安門大街」で取り壊される前の景色を見ることが出来ます。鼓楼の69段の階段もここで見ることができます。

■維基百科(ウィキペディア中国版)
鼓楼・鐘楼
北京中軸線
[PR]
by tabisuru | 2006-04-15 21:57 | 后海あたり
これは役に立つ!と思う中国語類語辞典
a0006507_13501850.jpg  北京に行った時、大学近くに泊まったので学校の本屋に行って何冊か中国語学習の本を買った。これはその中の1冊で「外国人学汉语工具书 1700对 近义词语用法对比」(日本の漢字だと「外国人学漢語工具書 1700対 近義詞語用法対比」)北京語言大学出版社で108元。2005年7月第1版発行となっている。
  なんとなく意味はわかるけれど、いざ自分が作文しようとするとよく似た単語があってどちらを使ったらいいかよくわからない時がある。例えば「赶快」と「赶忙」。どっちも「急いで」という意味の副詞でしょ、と思うのだが・・・。じゃ、まったく用法が同じかと思うとちゃんと違いがあるのだ。
  まず、小学館の中日辞典を引いてみよう。
「赶快 gankuai
[副詞]早く、急いで
时间快到了,我们赶快走吧 もうすぐ時間だ、早く行こう。/赶快跟我走 ぐずぐずせずに私について来なさい。/赶快把这活儿干完 急いでその仕事をやってしまおう。」
「赶忙 ganmang
[副詞]急いで、大急ぎで、さっそく
例文 他看客人来了,赶忙吩咐预备饭 客が来たのを見つけて、彼は急いで食事の用意を言いつけた。/他赶忙道歉 彼はさっそくおわびをした。」

  では、「近义词语用法对比」は、と言うと・・・
「赶快[副]gankuai 赶忙[副]ganmang
●词语说明 Definition
赶快 [at once;quickly] 抓住时间,加快速度。
赶忙 [hurriedly;hastily] 在很短时间内很快决定做,连忙。
●词语搭配 Collocation
〈ここは表になっていて、~出发、~上飞机、~让座、~站起来などの語との組み合わせが書いてある。ちなみに 赶快出发○ 赶忙出发×、赶快让座× 赶忙让座○、赶快站起来○ 赶忙站起来○〉
●用法对比 Usage
  *用法解释 Comparison
"赶快"和"赶忙"的意思差不多,不同的是,"赶快"可以用陈述句,也可以用于祈使句,表示轻微的命令,"赶忙"不能用于祈使句,只能用于陈述句。 〈"祈使句"は命令文のこと〉
  *语境实例 Examples
1.○一下课大家就赶快往食堂跑。  ○一下课大家就赶忙往食堂跑。
〈中略〉
6.○我们赶快出发吧,不要等他了。 ×我们赶忙出发吧,不要等他了。」

この通り、中日辞典だけ読んでいるより断然わかりやすい。
中国語で書かれた辞書なんて読めない!とはなっから拒否する人もいるかもしれないけれど、上記の例の通り意外に分かりやすいので大丈夫だと思う。なにしろ108元と(1500円程度)安いしね。
[PR]
by tabisuru | 2006-04-15 13:56 | 中国語
旅行中の注意事項
  3月18日から22日久しぶりに北京へ。その時に留学時代の友達から「コレ面白いから。」ともらったパンフレット。学校の近くの旅行代理店が日本人留学生向けに作ったパンフレットなのだが、そこに書かれている「旅行中の注意事項」をそのまま書き写します。【言葉遣い、誤字、脱字もそのままです。】

旅行中の注意事項
A.ガイドに従え。旅行中で勝手行動をしないで団体意識と時間的意識を持ってください。チベット地区の旅では、一日中一人でいれない場合が多々あるので、団体から離れて予定の住宿地に付かないと危険です。もし土砂崩れに遭遇する場合に、ガイドの配置に従い、もしお客様自身の原因でスケジュールを終わるらす事ができなかった場合費用は自己負担に決めまた。
B.道路に宿泊。チベット地区の条件は厳しく、食と宿の条件もきびしいです。これらは客観的に事実ですから参加者はご理解ください。チベットは高原地区に位置しており物資等はすべて長途交通を通じて着てる為物価が高いと言う事をあらかじめ理解してください。気分を悪くするのを避けるために途中で必要以上な要求と文句をたくさん言わないでください。チベット地区は道路事情もあまりよくなく、ときどき雨や雪が降ります、時々道路の崩壊、土砂崩れなどに遭った場合予定に影響を与える場合があります。
C.お互いに助けること。チベット地区の条件はきびしく旅行の道のりも苦しい所ですが、旅行団の友達たちと団結精神を持ってお互いに手伝い合い、支持合い、励みと理解等が必要です。そしてガイドに従い運転手が次の目的地に行けるように助け合い順調に進むことができるようにご努力下さい。
D.旅行の気持ち。皆さんは平気で寛容な心情で当地の条件不足の客観的な問題を取り扱います。チベット地区が広くて乗車時間が長くて少々退屈な場合があります。気持ちと身体をベストな状態にしてスケジュールを進んでください。

以上「中国王府国際旅行社 パンフレットより」

と言うわけで生半可な心構えで現地ツアーに参加しないように・・・。ちなみに中国王府国際旅行社は海淀区五道口西郊賓館南門向かい西50メートルのところにあります。
[PR]
by tabisuru | 2006-04-02 19:50 | 日常