カテゴリ:北京語言大学( 14 )
キャンパスの蓮
a0006507_23282773.jpg
  キャンパスに夏の間だけ現れる蓮です。と言うのも池に生えているのではなくて、鉢植えなので花のシーズンが終わったら鉢ごと撤去されてしまうから。これは期末テストの頃に撮影したもの。今頃は頤和園の昆明湖の蓮も盛りでしょう。
[PR]
by tabisuru | 2005-08-03 23:32 | 北京語言大学
帰国を決めた理由
  2ヶ月ぶりの更新。5月、6月と特に変化もなく学校と家との往復だったのだが、内面ではいろいろと葛藤していた。留学を始めて割に早い段階で気がついていた「1年程度の留学では大して話せるようにならない」ということ。もちろん上達度は人それぞれだし、どの段階で留学するかにもよる。私の場合は中国語検定4級をとってから4,5年中国語の勉強をしていなかった。基本的な文法はなんとなくわかったつもり、だけれど実際に会話するとなるとスムーズに口をついて出てくるのは「你好。」程度だった。留学を終えて即“仕事として”中国語を使うのは到底無理そう。出来れば後1年か半年留学を延長したい、と冬休みの頃は考えていた。
  そして5月半ばに学校から、今後もこの学校に残って勉強を続ける人は申し出るようにとの連絡があった。結局1週間ほど悩んだ結果留学を延長しないで帰国することにした。最も主な理由は中級クラスの授業についていけないだろうと思ったからだ。今学期の老師が厳しい内容の授業をする方で、かつ老師にあまり馴染めなかったため、毎日学校に行くのがかなり苦痛だった。とにかくこんな苦しいことは早く終わってくれ、と念じ続けた半年だった。ちなみに期中テストの結果から見る限りでは決して落ちこぼれというわけではない。それにも関わらずしんどい毎日だったわけで、さらに中級になったら、もう精神的にまいってしまいそうだった。おまけに中級になると一方的に講義を受けるのではなくて討論形式が多いとのことで、それも怖気づいた理由のひとつ。私は会話恐怖症なのだ。
  もう一つの原因は、北京の街に居続けたいとさほど思わなかったこと。冬がなにしろ寒すぎる。今のマンションに越してきた頃のことを思い出すと、本当に悲しくなる。家の中に居ても鼻の頭が赤くなるほど寒かった。バスタブもないので、いくら寒くてもシャワーを浴びるしかない。もちろんこれはお金でいくらでも解決できる問題だが、貧乏留学生には寒さに耐えるしか他に方法はない。おまけにこのマンションは水周りに問題が有り、常に下水臭いこともかなり憂鬱。このマンションに限らないのかもしれないが・・・。洗濯をするとバスルームの手前半分が水浸しになり、シャワーを浴びるとバスルームの奥半分が水浸しになる。洗面台の下の配管はカーブがなくまっすぐなので臭いが上がってくるし(これは台所の流しも同じ)、便器は何かの拍子に溜まっているはずの水がなくなってしまい、これもまた下水の臭いが上がってくる。小さなハエが5~6匹常駐しているし。

  とかなり滅入ることばかり書いてしまい、これから秋の留学に向けて張り切っている人には申し訳ない。なまじ北京と言う便利な都会にいるので、ささいな不便さが目に付いてしまったとも言える。あれこれ不満はあるけれど、留学して良かったと断言できる。何年か経ったらまた懲りずに北京に戻りたいと思うのではないかと、そんな予感がしている。
[PR]
by tabisuru | 2005-06-28 01:16 | 北京語言大学
新学期
  今日から新学期の始まり。私達の班は分解されてしまったようで、元の班から6人が、別の班に組み入れられたような形になっている。おそらく私達6人以外は、一学期と同じ同学、同じ老師のようだ。とうわけで、私達は新入りのようなかっこうになり、同学も、老師も、授業の進め方もこれから慣れていかなければならない。今度の老師は、若い女性で板書を一切せずプロジェクターを使用する。先生が板書している間に書き写す、と言うわけにいかないし、スクリーンに映し出す内容も次々変わっていくのでノートを取ることがほとんど出来ない。プロジェクターで映し出している内容はアドレスを教えてくれればEメールで送るから・・・と言われたが。プリンターがないのでメディアに移してどこかにプリントしに行くか、自分のノートに書き写すしかない。慣れるまで時間がかかりそう。
  帰宅してから夕食を食べる時間以外はずっと予習。6時間くらいかかった。いつまで続くことやら・・・。

  昼間は比較的暖かかったが夕方から冷え込んできた。カーテンを閉めようとテラスに出たら雪が降っている。明日は今日より10分くらい早く家を出たほうがいいかもしれない。ルームメイトのYちゃんの老師は「1分でも遅刻したら次の時間まで教室に入るな」という厳格な先生らしいので要注意だ。
[PR]
by tabisuru | 2005-02-23 23:28 | 北京語言大学
久しぶりに学校へ
  長い冬休みが終わって久しぶりに学校へ。日曜日だと言うのに今日から新学期のエントリー(報名 bao4 ming2)が始まるので手続きに行く。逸夫楼の留学生事務所に行き書類をもらい、教1楼の1018号室に行く。逸夫楼前の入り口には半年前と同じように「歓迎新同学」の横断幕がかけてあった。私はこの学期から選択科目が一つ取れる。語音(yu3 ying1)を選択した。
  科目を選択すると、一人一人に時間割表を発行してくれる。これを見ると時間、場所、老師がわかる。私達の班は、前学期とは別の老師が担任のようだ。授業開始時間も9時から8時30分に変更になっていた。
  学内は新同学の姿も増えてきて、中国語と英語で書かれた建物の案内が街路樹に貼ってある。私達が半年前に来た時より親切だ・・・と思ったが、当時は緊張の余り視界に入っていなかっただけかもしれない。
[PR]
by tabisuru | 2005-02-20 23:31 | 北京語言大学
2004年12月13号 星期一|会議中心に寿司店
会議中心の1Fに美容院がある。その横、中華レストランとの間に12月8日小さな日本料理店がオープンした。今日のお昼に行ったのだが、グランドメニューの8割がお寿司。あとはつまみ的一品料理かいくつか、それからカレー。
店の作りは日本の感覚で言うと小さめの喫茶店(「カフェ」ではない。)といった風情。
お昼は寿司を注文している人は少数派。壁にはすき焼き丼、うな丼などどんぶりメニューが5種類ほど貼ってあった(しかし今日はそのうちの3種類しか出来ないと言われた。)
私はカレーを注文したのだけれど、まぁまぁ、と言ったところ。(小サイズで10元)
肝心の寿司で食事をしていないので、まだなんとも判定しかねる。
まずはお知らせまで。
[PR]
by tabisuru | 2004-12-13 23:20 | 北京語言大学
2004年12月10号 星期五|猫が集まる場所
a0006507_2255829.jpg  主楼南の入り口対面にある売店の裏手にベンチが置いてある小さなスペースがある。そこには3匹の猫が常在しているようだ。餌をやる人々がいるらしく、近づいていくと隅に小さく固まっていた猫達がおずおずと出てくる。
  過去何度か中国に来て、土産物屋にある猫の人形(猫なのに人形というのも変だが)を見る度に、目が寄っていてちょっとキツネのような顔だなと思っていたのだけれど、確かに中国にいる猫は日本の猫より寄り目でキツイ感じだ。
[PR]
by tabisuru | 2004-12-11 02:26 | 北京語言大学
2004年11月1号 星期一|どんなテスト?(総合課編)
今週から期中テストが始まる。

どのような問題が出るかと言うと・・・
[PR]
by tabisuru | 2004-11-01 22:57 | 北京語言大学
2004年9月12号 星期日|宿舎
a0006507_1818398.jpg

私の寮(宿舎)は、学内で一番豪華な寮らしい。もともと学内にあるビジネスホテルなのだけれど一部を寮として使用している。そのため部屋はそのままビジネスホテルで、共同洗濯機はあるものの共同炊事場はない。部屋内での炊事も禁止。
部屋にはベッド、机、テレビ、冷蔵庫、小さなクロゼット(扉はない)。
あとは洗面所、トイレ、シャワー。水周りに関しては毎日掃除してくれる。
東向きの部屋で午前中は明るいし、他の寮に比べてロビー、廊下、室内ともきれいだ。
ここにかぎらずどこの寮でもそうなのだけれど、バスタブはなくてシャワーがあるのみ。
一番ひっかかるのがこのシャワーで、洗面所にトイレがありその横にシャワーヘッドがぽんとついているのみ。(シャワーカーテンはあるが)床に仕切りがないので、シャワーを浴びているとその水は便器のまわり、洗面所へと広がっていく。ちょっと広いトイレの中でシャワーを浴びているようなもの。私ははだしでシャワーを浴びるのに抵抗があってビーチサンダルを履いたまま浴びている。
学外に部屋を借りた人も、部屋探しのポイントはバスタブがあるかどうか?だった。
やはり日本人は水周りにうるさい。
水周り以外の不満は以前にも書いたけれど建物の外も中もうるさいということ。
利点は学内LANを利用できること。(有料)

トイレットペーパーは支給してくれるが、長期滞在者にはタオルの交換はない。
一泊99元(≒1350円)

右の写真は、4楼の二人部屋。このような寮に住むのが一般的。一日に2回魔法瓶に入ったお湯の支給がある。
[PR]
by tabisuru | 2004-09-12 18:32 | 北京語言大学
2004年9月5号 星期日|留学生課外活動計画
先日のオリエンテーションでもらった資料(来華留学生手帳)に課外活動計画が載っていた。それによると・・・

2004年9月 遊覧八達嶺長城(万里の長城)
2004年10月 参観盧溝橋、抗日戦争記念館
2004年11月 観看表演あるいは参観博物館
2005年1月 冬休み旅行(候補として:ハルピン;西安;桂林、海南島;雲南、石林、大理)
2005年3月 観看文芸表演
2005年4月 遊覧慕田峪長城(万里の長城)
2005年5月 遊覧天津(食品街、古文化街)
2005年7月 夏休み旅行(候補として:北戴河;内モンゴル;新疆;?州、杭州、上海) 

ちなみに9月の万里の長城ツアーは寮の入り口に張り紙がしてあって、参加費は10元(≒130円~140円)昼食は各自調達。学校を9月18日の8時に出発予定。参加費10元・・・。100元の間違いではないよね?
[PR]
by tabisuru | 2004-09-05 18:49 | 北京語言大学
2004年9月4号 星期六|インターネット接続と電話
北京語言大学にこれから到着される方のためにインターネットの接続方法について書いておきます。
いくつか方法があるようですが、日本人留学生向けのオリエンテーションで説明された方法を紹介します。
私はまったくPCには詳しくないのですが、言われたとおりにやったら簡単に接続することが出来ました。

More
[PR]
by tabisuru | 2004-09-04 18:03 | 北京語言大学