カテゴリ:后海あたり( 5 )
鼓楼へ急げ!

  友人Mと一緒に行った北京5日間。大好きな後海周辺を散策した。まず向かったのが鼓楼だ。以前にも紹介したことがあるが、周りには胡同、四合院が広がり、楼の上から眺めることが出来る。この日はあいにく霞んでいて見晴らしが悪かったが、それもまた北京らしい。
  鼓楼、鐘楼は東城区の地安門外大街にあり、北京中軸線の北の端に位置する。北京中軸線は南は永安門から始まり前門、天安門、午門、故宮、景山公園、後門橋、鼓楼、鐘楼までまっすぐに続く北京の中心線のようなものである。普通は鼓楼と鐘楼は東西に並んで配されるものだが、北京の鼓鐘楼は中軸線上にあるため南北に並んでいる(鐘楼が北側)。左の写真は鼓楼から鐘楼を望む。
  鼓楼の上からの眺めを楽しむには恐ろしいほど急な69段の階段を登らなくてはならない。これは普通の人でも「えっ!」と絶句するような階段で、高所恐怖症の人は下りのこと考えたら登れないかも。上には時を知らせるために使っていた大きな太鼓がずらりと並んでいる。時間を合わせて行けば、太鼓の実演を見学出来る。
  去年の2月に行った時と明らかに違っていたのは、地安門大街の方(南側)を見下ろすと、向かって左側の一角の四合院が右の写真のようにごっそり取り壊されて更地になっていたこと。ここには右の写真と同じようにいくつかの商店と灰色の屋根がひしめいていたはずなのだが。実は前夜ホテルでNHKワールドプレミアムを見ていたら「世界ふれあい街歩き」と言う番組で偶然、後海(ホウハイ)界隈のことを放送していた。その中で、人力車の運転手が後海の付近に住んでいるのだが、「ここらへん(鼓楼と後海の中間にあたる場所)は取り壊されて緑地公園になるんだ。残念だ。」と話していた。確かに鼓楼の近くにも外壁に取り壊しが決定したことを表す「拆」と書かれた建物があった。実際に住んでいる人にとっては便利な住居とは言えないし、観光客の立場でどうこう言えるものでもないけれど、このままの景色のほうが好きだなあ。オリンピックまでにあちこちの開発がどんどん進むだろう、昔ながらの北京が見たいならのんびりしていられない。急げ!

北京鼓鐘楼・三維全景360度環境照片
鼓楼、鐘楼からの360度の眺めを体験できるサイト。「鼓楼南望地安門大街」で取り壊される前の景色を見ることが出来ます。鼓楼の69段の階段もここで見ることができます。

■維基百科(ウィキペディア中国版)
鼓楼・鐘楼
北京中軸線
[PR]
by tabisuru | 2006-04-15 21:57 | 后海あたり
宋慶齢同志故居
a0006507_20493360.jpg  4度目の後海。今日の目当ては宋慶齢故居。想像していたよりずっと大きく見ごたえあり。さすが名誉国主席だけのことはある。それにこの邸以前はラストエンペラー溥儀の父の邸だったところ、立派なはずだ。
  その後、後海北沿を歩いて前海まで行きカフェで休憩。ここら辺のカフェは雰囲気はいいけれど値段は高め。こんなにカフェやバーがたくさんあるということは、当たり外れもあるはず。今日行ったところは不味くはないけれど絶賛するほどでもないかな。ちなみに店名は「Touch 接触」。店の造りはなかなか良かったけど。
  さらに南下して地安門西大街を渡って北海公園へ。北海公園は初めて。この時点で5時を過ぎていたが開園時間が9時までだったので入ることにする。中国の公園はどこも広すぎて疲れる。中はおのぼりさんでいっぱいだった。
  北海公園を見終わってかなり疲れていたが、再び来た道を戻ることにする。途中から鼓楼大街に出て、カフェ・サンバル姉妹店(?)で「BED 床」というバーに向かう。いきなりここに行こうと思うととてもわかりにくい場所。まず豆腐池胡同のカフェ・サンバルを探して、その通りの1本北側の胡同を入る。通りの入り口に胡同の名前は書いてないけれど、張旺胡同と言う。初めて行くと本当にこんなところにあるの?と不安になる場所。夜行く場合は赤いランタンが目印。疲れ果てていたし、地下鉄で帰るつもりだったのでソフトドリンクとデザート。靴を脱いでくつろげる店だった。
[PR]
by tabisuru | 2005-05-03 23:00 | 后海あたり
郭沫若故居
a0006507_1531251.jpg
  后海の周辺は鼓楼を中心に胡同が残り下町情緒あふれる一帯。后海の周囲には雰囲気のいいカフェ、バー、レストランがひしめきあっているが、道を一本入れば普通の人の普通の暮らし(いや、昔ながらの暮らしと言ったほうがいいかも。)がある。あてもなく胡同をうろつきまわるのももちろんいいのだけれど、最近私と友人が興味を持っているのは后海周辺の故居めぐり。今回向かったのは郭沫若の故居。日本のガイドブックについていた地図を持っていったのだが、地図を見たときの道の幅の感じと実際の道幅が違っていたこと、表通りではなく裏道からアクセスしようとしたことなどが原因で道に迷い、胡同を1時間近くうろつきまわることになってしまった。あきらめかけた時に胡同の一角に町内会のお知らせといった様子の黒板が目に入った。そこに何かの活動の参加案内が書いてあったのだが、集合場所が「郭沫若故居門口」とあるではないか。ではやはりこのあたりにあるはずだ。ということで友人が井戸端会議をしているおばあさんに聞いてなんとか行き着くことが出来た。
  胡同遊覧の人力車の溜まり場の近くで廻りはにぎやかなのだが、記念館の中にはいるとひっそりとしてて周辺の喧騒は聞こえてこない。大きな四合院の中は当時の様子そのまま残されていた。写真は沫若の執務室。
  他にもこの后海あたりには宋慶齢故居、梅蘭芳故居、恭王府などがあるので、胡同を散歩しながらこの中のどこかを見学して、疲れたらお洒落なカフェで休憩して・・・と当分楽しめそうだ。

■郭沫若故居(郭沫若紀念館)
 前海西街18号 tel:66181650 開館時間:火曜日~日曜日 9:00~16:00
[PR]
by tabisuru | 2005-04-16 01:56 | 后海あたり
胡同散策に疲れたら Cafe Sambal
a0006507_125772.jpg

  地鉄の鼓楼大街を降りて、旧鼓楼大街を南下して行くと鼓楼の手前に旧鼓楼大街から東に伸びる豆腐池胡同がある。胡同に入ってすぐのところにあるのがカフェ・サンバル。特にお洒落と言うわけでもないし、壁も雨水が漏れてペンキがはがれかかっていたりするのだけれど、何故か長居したくなるお店。オーナーはマレーシア人だとか。料理は生春巻きとランチのチキンカレーを注文。久しぶりに本格的なカレーを食べた。辛いけど旨みのある美味しいカレー。
目立つ看板は出ていないけれど、豆腐池胡同の看板を探して行けばすぐ見つかるはず。

■Cafe Sambal
 北京市東城区旧鼓楼大街豆腐池胡同43号 tel:6400-4875
    
[PR]
by tabisuru | 2005-04-16 01:48 | 后海あたり
2004年12月11号 星期六|後海散策

  北京市街地の真ん中にいくつかの湖がつらなっている。南から北へ南海、中海、北海(北海公園)、前海、後海、西海と続く。今日は地下鉄積水潭で降りて新街口北大街、新街口東街と歩いて後海へ。3時を少し過ぎただけなのに耳がジンジンする寒さ。後海は薄く氷が張っていた。後海に来たのは酒巴(バー)、カフェなどが軒を連ねていてイイ感じだと聞いたので。しかし曇り空の下、たどりついた後海はどうってことないよくある北京の公園に見えた。後海の北の方、茶館の「茶家導」のあたりは老人が鳥かごを持って集まっていて昔ながらの光景が繰り広げられていた。
  あてもなく後海の南側の道をてくてく歩いて行ったら前海近くになってやっと賑やかな雰囲気になって来た。この周辺は胡同もあるので人力車の客引きも多い。前海にはお洒落なレストラン、カフェが集まっている天荷坊という場所があり、値段もそれなりなのだけれど雰囲気はよい。北海側の入り口にはスターバックス(星巴克珈琲・xing1 ba1 ke4 ka1 fei1・しんばーくぅかーふぇい)がある。スタバは高いのでだいたいどこもガラガラなのにここのスタバは混んでいて座れなかった。
  夕食は洋食が食べたかったのに間違えて雲南料理の店に入ってしまい美味しかったのだけれど不完全燃焼。店から出たときはまだ5時半くらいだったが、余りの寒さでもう散策する気にもならずタクシーで退散。帰ってからネットの天気予報を見たら6時の気温は2度だった。太冷了!

S'SILK ROAD 茶馬古道雲南鉄板焼(天荷坊)店
北京市西城区什刹海前海西沿甲19号 天荷坊12-13
[PR]
by tabisuru | 2004-12-12 00:06 | 后海あたり